真核生物誕生の謎 とあるのですがシアノバクテリアや呼吸を。教科書の「二重膜構造をしている。細胞内共生説について、教科書に 「二重膜構造をしている 二重膜のうち内側の膜は取り込まれた原核生物に由来することが明らかになっている 」 と、あるのですが、シアノバクテリアや呼吸をする細菌が外から原核生物の中に入っていったのなら内側ではなく外側の膜が原核生物に由来するのではないですか 内側の膜はもともとあった膜で、原核生物の中に入る際に新しく幕ができたんじゃないかなって思いまして… どういうことか解説お願いします 生物基礎。昔は独立に生きていた。光合成するバクテリア?呼吸をするバクテリアが。
それぞれ細胞の中に取り込まれ。細胞の中で共生真核細胞内にある細胞小器官
。ミトコンドリアと葉緑体は。元は独立して生きていたバクテリアでした。葉
緑体の起源はシアノバクテリア。ミトコンドリアはプロテオバクテリア好気性
細菌の一種という原核生物でした。宮城島さん 「細胞が外から別の細胞を
取り込むときには。自身の細胞膜が内側に陥入して袋をつくり左画像。それ
が細胞膜と

真核生物誕生の謎。とりわけ核の存在は特徴的で。核を持たない原核細胞と核を持つ真核細胞の違い
は今日の地球上に認められるさらに。ひだ状の膜から。外界の物質や細菌を
取り囲んで細胞内に取り込む機能が生じた。しかし。細胞内共生説では。個々
の遺伝子ではなく。生物丸ごとの水平移動が起きていたことを主張する。その
過程でたまたまプロテオバクテリアやシアノバクテリアを飲み込み。彼らが
そのまま細胞内に居座ってミトコンドリアや葉緑体になったというのが

教科書の「二重膜構造をしている。二重膜のうち内側の膜は取り込まれた原核生物に由来することが明らかになっている。」 の文中の「取り込まれた原核生物」とはシアノバクテリアや呼吸する細菌プロテオバクテリアの事です。原核生物の中に取り込まれたのではなくて、原核生物が真核生物に取り込まれという意味です。取り込み方ですが。まず真核生物の細胞膜の表面が袋状にくぼんで、その中に原核生物がすっぽり収まります。そして外側に面した袋の口が段々とすぼまって、くっついて完全な密閉状態になります。内側=原核生物の細胞膜、外側=真核生物の細胞膜の二重構造です。これが切り離されて真核生物の細胞内に移動して細胞内小器官になるわけです。シアノバクテリアは葉緑体に、プロテオバクテリアはミトコンドリアになりました。教科書の説明は,細菌〇が宿主細胞に取り込まれ=食われると,〇は宿主細胞の細胞膜に包み込まれるので,◎というようになった.内側の膜は,細菌の細胞膜,外側の膜は細菌を包み込んで取り込んだ宿主細胞の細胞膜なのだ,ということでしょう.細胞小器官の葉緑体やミトコンドリアの二重膜は,よって,異質二重膜と呼ぶ,とも説明されています.ただし,外側の膜が宿主細胞の細胞膜起源であるとのこの説明は,近年の研究で間違いであるとされています.よって,教科書の説明は,少々古いといわざるを得ません.詳しくは,こちらのサイトをご覧ください.葉緑体についての説明が載っています.なお,ミトコンドリアについても近年では,外側の膜は好気性細菌そのものの膜であった,つまり元々二重膜であったとされています.原核生物は取り込まれる方です。つまりシアノバクテリアとか。ですから内側であってますね。

  • 納豆の美しい食べ方 納豆の汚れない食べ方
  • ブリーチあり でどうてアッシュグレー入れたいのでう一度上
  • 名鉄百貨店 遅番の人15時半出勤のだいたい日よって退勤時
  • wanna いう表現よくわないんどういう意味か
  • 複音ハーモニカ ハーモニカでないのそんな音色で小さい縦片
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です