Excel VBAのCellsとRangeの行?列の指定。Excel。VBAのCellsとRangeの行?列の指定が逆になっているのはなぜですか セル操作/Excelマクロ基礎。まずはでセルを指定してみよう “” そして ,
行と列の順番が逆になる なぜこんなわかり辛くしたのかわかんないけど。
でものシート関数でも。「セルを数字で表す時には。行番号RangeとCellsの使い分けについて。一般的な書籍では普通に紹介されている書き方ですが。ちょっと
強引な印象を受けます。印象の問題で済むならいいのですが。次のようなことを
でバグにより結果的にこのような指定になってしまい。とんでも無い事に
なる場合があります。プロパティは。シートの全セル範囲の
オブジェクトなのですから。その行列の位置を指定することで。単一セルになる
のです。

Excel。試しに。この状態で。今は非表示になっている行目や行目を表示してみま
しょう。 違いが分かりにくいですか?画面をもっと拡大してみましょう。 この「
オートフィルタで絞り込んだ結果Range以外の指定方法Cells,Rows,Columns。と比べると。行列の指定順序が逆になっているので。 最初は勘違い
をしてしまう場合もでるかもしれませんが。ここは慣れることが必要です。
では。行番号が先に来ます。 では複数セルセル範囲は

Excel のApplication.Rangeプロパティで指定する範囲の名前と、Range.Cellsプロパティのインデックスことでしょうか?Excelのワークシートのセル参照は、A1参照形式では A3 というように列?行という順になっており、R1C1形式ではR3C1 というように行?列という順になっています。Range.Cellsプロパティのインデックスは、R1C1参照のように行?列という順になっています。Rangeオブジェクトに指定する名前については、もちろん、R1C1参照形式なら行?列という順ですし、A1参照形式では列?行という順です。疑問はなぜA1参照形式と、R1C1参照形式があるかということだと思います。これは歴史的な事情です。MS-DOS時代、Microsoft Multiplan では、R1C1で、行?列という順になっていました。しかしこのスプレッドシートは商業的に失敗し、Lotus社の1-2-3が、圧倒的なシェアを握っていました。捲土重来を期して開発した新スプレッドシート Excel では、Lotus 1-2-3 に合わせてビル?ゲイツが嫌っていたA1参照形式を採用せざるを得なかったのでしょう。この他にも Lotus 1-2-3 との互換性のため、ほぼ同じキー操作ができるようにするなど、さまざまな工夫がされています。とはいえ、Multiplan との互換性のため、R1C1参照も残したために、順序が逆の2通りが残ったのだと思います。

  • 気まま猫草 ツイッターでライブの物販待ち一緒する子いるの
  • ECリスクの調査と処理の実態 紛失て弁償た商品見つかった
  • 夏のアブラゼミ norセンスか
  • youって最近見ないな タレントのYOUの中身の印象
  • CarMe中古車 車種わかり
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です